【こぶ平コラム】今シーズンのラクロス展望 西日本学生プラスα

学生の皆さんの夏休み中は、一般的な平日もラクロスの試合があり、見に行けないのを悔しがっている今日この頃です。
先日お伝えしきれなかった、西日本の学生ラクロスの展望(勝手な)と忘れちゃいけない、関西新加盟の女子クラブについて紹介していきます。

☆大詰めに来ているクラブリーグラクロス。

西日本に新チームができています。

【女子ラクロス】

今期もNLC SCHERZOさんの強さだけが目につく方もおられると思いますが、東のMspiritsさんと同じように、新加盟のラクロスクラブがあります。

ツイートのHPの記述
@Toy_lax2017
2017年始動 関西起点の女子ラクロスクラブチームのToyです。スローガン【Enjoy Win!!】今年引退した選手スタッフが関西のラクロスを盛り上げるために作りました!
ラクロス好き誰でもフォローお願いします! 参加や練習のお誘いなどはこちらから💁toy.lax2017@gmail.com

私の知る範囲では、昨年関西の大学で旋風を巻き起こした、大阪大学のエースも加盟している、大学卒1,2年の若い選手のチームです。マネージャーの
方も、絵がうまくて元気な方で、関西に新風を吹き込んでくれています。加入後最初の公式戦がNLC SCHERZOさんというのは荷が重く1対17という結果で始まった歴史、CACTUS, Crazy Scorpions、と試合を進めるにつれ試合を作れてきています。最終戦は9月2日 相手は alfa結果に注目して
います。東日本のMspiritsさんと比べて、環境には恵まれていませんが、関西のラクロスの活性化に名乗りを上げたチームの応援をよろしくお願いします。

関西学生リーグ

8月11日に始まったシーズン。昨年は女子 関西学院が学生一、日本一を獲得されました、さらにワールドカップに出場した学生の3人の内2名が関西の大学から。
ワールドゲームズに2名(お一人は大学2年生の若さでの出場)を送り込み盛り上がりを見せているはず。逆に男子は神戸大学が昨年慶應義塾に完敗して、今年にリベンジを期する?そんな中シーズンが始まり

【男子ラクロス】

開幕戦、神戸vs大阪 昨年の学生選手権から考えると、上がっていなければならない神戸の得点力は不発 3対7で勝利したのは一昨年優勝の大阪大学。
京都産業に勝った関西学院もその神戸に敗戦、立命館は関西に勝利するも3対1というサッカーのようなスコアになっている。
関東に遠征をし、1部校とも精力的に交流し、期待を(勝手に)した龍谷大学も関西大学に敗れるなど、何かブレークスルーがないまま、団子状態で進みそうな
気配が漂っています。さらに同志社大学の参加辞退まで発生し今年はそっとしておかないといけない雰囲気まで感じてしまっています。

唯一の、希望は二部に昇格した京都大学が圧倒的強さで1部への復帰を決めて下さることでしょうか?

本当に寂しいというのが、本音です(何も見てない人間が勝手にいっていますが、いい意味での裏切りをまっています。)

【女子ラクロス】

昨年日本一に輝いた、関西学院はそのAチームからの残りが3名だけということもあり、シーズン当初は苦しむかもしれません。実際には開幕戦5対5の引き分け(対同志社)に終わっています(しかし、昨年は開幕戦同志社に敗戦していることを考えると成長をされているのかも)。ただ、関東の明治大学同様、どこまでやれば戦えるのかを身を持って証明されていますから、シーズン後半には上がってくるでしょう。日本代表2名を有する同志社とのマッチゲームになるのか?立命館がどこまで食い込めるか?関西大学は立命館に負けて立て直せるのか?台風の目は大阪教育大という情報もいただいております。初昇格の大阪大学はエースの卒業により苦しそうですね。

関西のピックアップ情報は、今期2部に昇格した、神戸親和女子大学が初戦の武庫川女子大(1部から降格。再昇格を狙う)に勝利し、勢い強く大阪市立大学にも勝利して旋風を巻き起こしそうな雰囲気が漂っています。全国的には耳慣れない大学ですが、ちょっと覚えておいてください。26名の選手という小さい(4年生6名、3年生4名)60割以上が1,2回生というチームがどこまで駆け上がるか? もう一組の2部A組は降格組の近畿、神戸が強さを見せていますが、差はわずか。混戦の関西二部女子という感じです。

☆中四国学生リーグ

【中四国男子ラクロス】

今年は、2012年を最後に全国大会に出られていない、中四国地区にとって5年ぶりに存在感を示す年になるのか?やはり岡山大学がリードするのでしょうが徳島、松山辺りとの競い合いがないと厳しい予感がするのですが。岡山の関西遠征の結果は良かったようです。忘れてはいけない存在でしょう。

【中四国女子ラクロス】

中四国では断然の強さを誇る岡山大学が中心であることは間違いない。四国の愛媛、松山大学辺りとの厳しい競い合いが必要なのは変わらない。それでもSNSを通して見えてくる、岡山の3地区戦勝利に向けた並々ならぬ勝ちへの気持ちは、新設学生選手権へ、初の全国へと通じるのでしょうか?
見てみたいチームの一つが今年の岡山大学さんです。

☆九州学生リーグ

【男子ラクロス】

中々、九州、西南学院に、福岡を加えた3強の図式は変わりそうにないかな?

【女子ラクロス】

毎年、少しづつ様相が変わる九州の女子。福岡、西南学院の2強の図式が昨年ミッションさん(福岡女学院)の台頭で崩れたのだが、今年開幕戦福岡に完敗。西南学院とのマッチレースになるのかと思われていましたが、中村学園大学がミッションを破り開幕から3連勝。次世代へ名乗りをあげ福岡教育大学を含めた5つの混戦になるのか? 本格的ルネサンス時代への突入か?やはり2強は強いのか?その力は3地区をも制するのか?
注目の九州地区女子です。

まだ、始まったばかりの学生ラクロス。国際的な競争力を獲得するために、学生ラクロスが小さなラクロスを進めず、大きく展開できる強いチームの出現をまつばかりです。以上今年のラクロスはこうなるんじゃないか?

ご意見下さい。

こぶ平

The following two tabs change content below.
こぶ平
TwitterやBlogにてラクロス情報を発信しているラクロス情報ライター&コメンテーター|【コメント】長年、ラクロスの試合を観戦しながら試合のレポートをツイートするオヤジです。10年目の今年、200試合観戦を目指して、ラクロスの応援を続けたいと願うだけの人間です。ラクロスが、オリンピックで実施され日本がメダルを取るまで、熱い応援を続けます。

関連記事

  1. 【こぶ平レポート】初夏のラクロス 徒然なるままに6

  2. 【慶應義塾大学】DAY9 vs Sacred Heart

  3. 【男子ラクロス世界大会】男子ラクロス日本代表選手へ応援メッセージを送ろう!

  4. 【こぶ平レポート】全国大会の楽しみ方|大学編

  5. 【こぶ平レポート】”大学男子ラクロス”どこより早い展望

  6. 【女子日本代表情報】インタビュー|竹村 薫選手のワールドゲームズに懸ける想い

  7. 【東日本クラブニュース】FALCONSが東日本クラブリーグにて優勝

  8. 【こぶ平コラム】関西地区大学女子ラクロスレビュー

  9. 【こぶ平レポート】クライマックスシリーズ16|関東Teen’s秋季リーグ1部準決勝/ファイナル6決定戦

  10. 【こぶ平レポート】ラクロス学生リーグ&Teen’sラクロス

  11. 【女子日本代表情報】観客から見た選手紹介⑥|Young Courger編

  12. 【学生主催リーグ紹介】関東女子|準リーグ|立教大学主催