【第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権】1回戦レポート|桐蔭学園中高 vs 関大中高

(Photo by Akie Umeda)

こんにちは、こぶ平です。
春のラクロスのメインイベントである第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権が3月27〜29日まで富士通スタジアム川崎にて開催されました。
第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権1日目1回戦の様子をお届けします。
平成最後の全中高ラクロスは、「天気快晴なれど、冷風強し」という状況で、波乱が起こる事を予想させる初日となりました。今回の試合会場となった新しいラクロスの聖地になりつつある、富士通スタジアム川崎においては、今大会で3回目の開催となりました。

第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権の出場校は全国から集まった下記8校の参加となりました。

<東日本地区代表>
日本大学中学高等学校(関東秋季1部1位)
桐蔭学園中学高等学校(関東秋季1部2位)
東京成徳大学中学高等学校(関東秋季1部3位 前年度準優勝)
大妻多摩中学高等学校(関東秋季1部4位)
横浜市立東高等学校(東日本5位。前年度3位)


<西日本地区代表>
同志社高等学校(関西秋季1位 前年度優勝)
立命館宇治中学高等学校(関西秋季2位)
関西大学中学高等学校(関西秋季3位)

第10回全日本中学校高等学校女子ラクロス選手権の1回戦の組み合わせは下記の通りです。 (Home→Awayの順に記載)
1) 日大中高     vs 横浜東高
2) 東京成徳大中高 vs 立命館宇治中高
3) 桐蔭学園中高  vs 関大中高
4) 大妻多摩中高  vs  同志社高

各試合毎のレポートをお届けします。

試合レポート|桐蔭学園中高 vs 関大中高


6年ぶりに全国大会へ進出した桐蔭学園は持ち前の攻撃力を進化させて全国制覇に挑もうとするのに対し、連続出場の関大中高は身体能力的には相手を凌駕する雰囲気を持ち込んでいた。

そして始まった試合は、久々の桐蔭が固くなりがちな立ち上がりクリース際をすり抜けた51番のショットが決まると攻撃が加速され、関大中高75番ゴーリーの奮闘の上を行くショット等で 6対0とするも、関大中高97番61番のブレイクにゴーリーのセーブが加わり6対2となった。


しかし、桐蔭学園の攻撃力は全員のプレッシャーから強さを出し、前半を9対2のリードで終えた。
後半に入っても桐蔭学園の優位は続いたが、関大中高も61番のブレイクや、30番のフリーショットを確実に決めるなど拮抗した状況を作り出した。

最終的には14対5と桐蔭学園が勝ち切る形だった。
関西大学中高のポテンシャルの高さも示したと言える試合だった。

The following two tabs change content below.
こぶ平
TwitterやBlogにてラクロス情報を発信しているラクロス情報ライター&コメンテーター|【コメント】長年、ラクロスの試合を観戦しながら試合のレポートをツイートするオヤジです。10年目の今年、200試合観戦を目指して、ラクロスの応援を続けたいと願うだけの人間です。ラクロスが、オリンピックで実施され日本がメダルを取るまで、熱い応援を続けます。

関連記事