【高校ラクロス】第19回中高女子ラクロス秋季関東大会

第19回中高女子ラクロス秋季関東大会

関東ラクロス連盟の内野と申します。今回のコラムでは、秋季関東大会の概要に関して書かせていただきます。
第19回中高女子ラクロス秋季関東大会は9/18より開幕予定でしたが、台風の影響により、9/20が開幕試合となりました。

秋季大会は、ラクロス連盟(各学校の顧問が主で組織している団体)主催の大会で、各学校の顧問で役割を分担して運営しています。また、ラクロス協会に後援をいただき審判派遣など様々な形で協力していただいています。

大会参加校について

今大会は、1部12チーム、2部10チームとなります。

関東圏にはもっと多くのラクロス部があるのですが、コロナウイルスの影響により参加を辞退せざるえない学校が複数ありました。非常に心苦しい状況です。

ブロック分けとして、
1部は3チーム×4ブロックに分かれて戦い、その後、上位2チームが決勝トーナメントに進みます。
2部は10チームを4ブロックに分かれて戦い、その後、ブロックの上位2チームが決勝トーナメントに進みます。

今大会のブロック分けは、以下の通りです。(簡略表記)

1部

AブロックBブロックCブロックDブロック
日大桐蔭学園東京成徳
熊谷女子目白研心伊奈学園飛鳥
立川国際大妻多摩聖ドミニコ鶴見

2部

AブロックBブロックCブロックDブロック
山村学園小石川渋谷幕張本庄東
慶応女子片倉住吉国本・トキワ松・町田総合
岩倉東洋

例年だと9月~10月の間に予選リーグが終了。11月に決勝トーナメントが始まり、11月末に決勝戦を予定しています。

全国大会への道

秋季大会は3月末に行われる全国大会の出場権を決める大会でもあります。

全国大会は、秋季大会関東1部上位4チーム、関西上位3チーム、東日本5位の合計8チームが出場します。

また、東日本5位は、関東1部5位チーム2校、2部優勝チーム、東北地区チームの4チームの試合により、決定されます。

昨年度の上位4チームは、

1位 日本大学高等学校・中学校
2位 東京成徳大学中学・高等学校
3位 桐蔭学園高等学校
4位 横浜市立東高等学校

でした。

また、昨年度の東日本5位決定戦では、目白研心中学校・高等学校が勝ち抜き、初の全国大会出場を決めています。

今大会はどのような結果になるのでしょうか?中高生の熱いラクロスにご注目ください!!

関連記事