【男子ラクロス】メッシュの種類と特徴

男子ラクロスの選手が使っているメッシュ。メッシュにも様々な種類があり、それぞれの特徴について今回は紹介していきたいと思います!

メッシュについて

まずメッシュは、固いメッシュ(ハードメッシュ)とやわらかいメッシュ(ソフトメッシュ)の2つに分かれています。
メーカーによってセミハードメッシュやセミソフトメッシュなどもあります。

メッシュの硬さの段階は、
ソフトメッシュ < セミソフトメッシュ < セミハードメッシュ < ハードメッシュ
となっています。

今回はそもそもハードメッシュとソフトメッシュは何が違いや、それぞれのメッシュのメリット・デメリットを大まかにご紹介します。
一般的に、ソフトメッシュは初心者向け、ハードメッシュは上級者向け、と言われています。

ソフトメッシュ

メリット

・もともとメッシュが柔らかいために、編み立てでも慣らす必要がなく、すぐ使える。
・ボールの感触を感じやすい。
・ハードメッシュより編みやすい。

デメリット

・使えば使うほどメッシュの形が失われていく。
・雨に濡れるととても投げにくくなる。
・ポケットの形をキープするために細かいメンテナンスが必要。

ハードメッシュ

メリット

・ボールがポケットに収まりやすく、クレードルした際にボールがぶれない。
・雨に耐えやすい
・ポケットの形が崩れにくく、長持ちしやすい。
・ショットのスピードや正確性が出しやすい

デメリット

・メッシュが堅いため編みにくい。
・クレードルしている際にボールを感じにくい。
・長期間使っているとポケット部分のメッシュがやぶれる。

メッシュの種類紹介

値段が高くて手を出しにくいメッシュをあえて紹介していきます!
そのメッシュの特性を知れば欲しくなるメッシュがあるかもしれません!

Hero2.0


East Coast Dyesが今年リリースしたこのメッシュは、Hero Meshの改良版です。
Innegraという世界一軽い繊維が使用されており、正確かつ一貫性を持ったポケットと道を作ることができます。

Money Mesh


軽く、摩擦力があり、柔軟に伸びる繊維が使用されているメッシュです。
また、カラーバリエーションも豊富なので編むときの楽しみを与えてくれます!

Type3


Twistex™という新しい技術が採用されていて、
Type2メッシュよりも15%細く軽く作られています。
このねじれる糸の技術によりメッシュの感触を感じやすくなり、弾力が増しています。

Vortex Mesh


HybridWeave™という2つの異なるダイヤモンドを1つのメッシュに組み合わせる技術により、
ポケットの中にSweetSpotが作られて自然なリリースポイントができます。
また、耐水性もあります。

いかがでしたか?
これをきっかけに普段使っているメッシュとは違う種類のメッシュを試して、
ぜひ自分に合ったメッシュを見つけてみてください!

【参考】

関連記事

  1. 🎥ラクロスプラスおすすめ1日1動画🎥男子ラクロス2017年5月分復習

  2. 🎥ラクロスプラスおすすめ1日1動画🎥男子ラクロス2017年6月分復習

  3. 【東京大学】DAY7 ー現地レポート Maryland大学練習見学ー

  4. 【HOW I COACH】篠原 怜 ーRei Shinoharaー

  5. 【女子ラクロス】DF時の基本のポイントまとめ

  6. 【慶應義塾大学】DAY10 帰国報告

  7. 【Welcome to Club Lacrosse】入山 隆明さん|PHOENIX

  8. 🎥ラクロスプラスおすすめ1日1日1動画🎥|男子ラクロス2017年2月分復習

  9. 【慶應義塾大学】DAY8 現地レポート-Drexel-

  10. 【インタビュー】岩本海介選手 – Denver Outlaws|ラクロス界で日本人初の偉業達成の裏側②

  11. 【女子ラクロス】2017年NCAA Championship動画まとめ

  12. 【Referee Spotlight】原 拓輝さん|慶應義塾大学(男子ラクロス)

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー