【女子ラクロスグッズ】アイガード編

女子ラクロスをプレーする上で欠かせないグッズといえば、
スティック、アイガード、マウスピース、スパイク、グローブ、ラクロスバッグ、ウエア、アクセサリーグッズですね。
LACROSSE PLUSではどのような最新のラクロスグッズが世界中にあるのかご紹介したいと思います。

まずはアイガード。
目や鼻を守るために大事なアイガード。いくら安全にプレーをしていたとしても、スポーツに怪我はつきものです。
アイガードをつけないでプレーをし、ボールやクロスが顔に入って鼻や目の周りの骨を骨折したり、最悪なケースだとボールが目に直撃し眼球を怪我してしまったりなどをしてしまうことがあります。
安全のためにもぜひプレー中はアイガードを着用しましょう。

下記では、アメリカで売られている最新のアイガードからクラシック(古いモデル?笑)なアイガードまでをご紹介します。
今回ご紹介するのは最新のものからご紹介したいと思います。
中には購入可能なものもありますので、新シーズンに向けて新しいアイガードをゲットしてみてはいかがでしょうか?

各メーカーごとの最新のアイガードからご紹介します。



【スポンサードリンク】

STX|エスティーエックス

4sight Form|フォーサイトフォーム

最新型のアイガードです。NCAAの選手やプロのラクロス選手(UWLX)も多く使用しているモデル。
名前の通り4方向からの視野がとても取りやすい上に、顔にフィットしとても軽いし丈夫です。最新モデルで多くの選手が使用しているのも納得。
ただ他のアイガードと比べて高いのが難点です。
購入したい方はこちらから。数量限定で販売しており、日本ではここでしか購入できません。
ここでは黒・青・グレー・紺色を2つずつ販売しています。
https://lacrosse.buyshop.jp/items/3731048

4sight View|フォーサイトビュー

最新モデルの一つ前のモデルです。4sight Formの方が少し重く、視野が4sight Formより若干狭くなっています。また最新のものと比較して、目の下の斜め45度のところに1本棒があるので少しその分視野が狭くなっています。

4sight Pro|フォーサイトプロ

最新モデルの前の前のモデルです。最新のものに比べ重さと視野が結構違います。また最新のものと比較して、目の下の斜め45度のところに1本棒があるので少しその分視野が狭くなっています。

STX 4Sight Focus Ti Titanium |フォーサイトフォーカスチタニウム


4Sight Focus(このモデルより前のモデル)よりも30%軽い設計となっており、日本でもメジャーな形のアイガード。
コンパクトな形も魅力です。

4sight +|フォーサイトプラス


アメリカで選手がつけている写真が探せないモデルでした。




【スポンサードリンク】

Under Armour|アンダーアーマー

Charge 2|チャージツー

Pregame rituals. #CommandEveryMoment

Under Armour Lacrosseさん(@ualacrosse)がシェアした投稿 –

テイラーカミングスも使っているアイガード。広い視野が取れることと軽いところが特徴です。
購入したい方はこちらから。数量限定で輸入をしており、日本ではここでしか購入できません。
黒・シルバー・紺色を販売しています。残り4個となっていますので、お早めにご購入ください。
https://lacrosse.buyshop.jp/items/3731038

Illusion 2|イリュージョンツー


アメリカで選手がつけている写真が探せないモデルでした。



【スポンサードリンク】

DeBeer|ディビーア

Lucent SI|ルーセントエスアイ

Looking for the weekend like 👀. Are we there yet? #usawlax

A post shared by Kelly Berger (@kelbelberger) on

Kelly Rabilがつけています!ただ他の選手がつけている写真はなかなか見つけられないモデルでした。。。



【スポンサードリンク】

Vista|ビスタ


2年前まで流行っていたモデル。直近でアメリカで選手がつけている写真が探せませんでした。。



【スポンサードリンク】

Cascade|カスケード

Poly Arc Titanium|ポリーアルク チタニウム

Cascadeの最新アイガード。軽くて視野が取りやすのが特徴。

Poly Arc|ポリーアルク

最新モデルから一つ昔のモデル。最新モデルより一つ目の横にフレームが入っています。

Mini Pro|ミニプロ

最新モデルから二つ前のモデル。かなり大きいので、守られている範囲は広いのですが、動きにくいのが難点。




【スポンサードリンク】

以上が世界や日本で売られているアイガードのまとめでした!
プレー中の安全を確保するためにもアイガードはつけましょう。

関連記事

  1. ラクロス協会主催の全日本ラクロス大学選手権大会|過去優勝校ランキング発表!

  2. 【2017年振り返り】最も読まれたPlayer Spotlightは?Best 10を発表!

  3. 日本のラクロスコーチの現状|アンケートから見えたコト③

  4. こどもにいいスポーツの習い事、なにかないかな。。。ラクロスでしょ!

  5. ラクロス部的アメリカのチームのようなかっこいい集合写真の撮り方のススメ

  6. 【審判試験対策】女子ラクロス|処置問題①

  7. わかる人にはわかる。『あ、自分ラクロス上手くなったな』と感じる瞬間。

  8. 【ラクロッサー川柳】2017年川柳No.1〜10までをまとめてご紹介

  9. 【ラクロスデビューの方向け】ラクロスってどんなスポーツ?どんな人たちがやってるの?

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

Twitter でフォロー