新ラクロッサーへメッセージ | Hayato Muramatsu

今年からラクロスを始める新ラクロッサーへラクロスプラスからメッセージをお送りします!
一人目は慶應義塾大学男子ラクロス部出身 村松隼人さんからです!

こんにちは!村松隼人です。海外ラクロス事情を中心にコラムを書いています。これからラクロスを始める皆さんにメッセージを送ります。

個人的にはラクロスという競技が技術的にも身体能力的にもハンパない人たちがやっているという世界がつくられるといいなと思ってます。そのためにスポーツエコシステムの構築は必須なのですが、プレーヤーの皆さんにもそのプロフェッショナルな意識・アスリートの矜持=アスリート魂を持って取り組んでほしいなと思っています。アスリート魂を持とう、これが私からのメッセージです。

NFL (National Football League) のNew England PatriotsにはChris Hoganというワイドレシーバーがいます。彼は2007年から2009年までPenn Stateでラクロス奨学生としてプレーをしていました。NFLにはドラフト指名をされなかったのにもかかわらず、2011年よりNFLキャリアをスタートし2016年度はスターターとして活躍しています。既に米国でのラクロスプレーヤーの身体能力レベルは高水準なものにあると考えられます。現時点でラクロスがマイナースポーツというのは事実ですが、社会・スポーツ・ビジネスのあり方全てが変化している現在において、これを覆す下地はできつつあると思います。

そういった背景を知った上で、日本という国、ラクロスという競技にとらわれず、アスリート魂を持ってラクロスに取り組んでほしいなと思います。

アスリート魂には上手いとか強いとかとは関係ありません。在り方です。自分の感覚や感情に素直になること、それに対してアクションすることです。本田圭佑がリトル本田と話をしているアレです。多くのアスリートと交流を持つことで、アスリート魂には磨きがかかるでしょう。磨かれたアスリート魂はamplifierとなります。結果として勝ちたい気持ちは強くなるでしょう(なぜならスポーツのゴールは勝つことだから)。ただし本質は在り方なのです。悔しさ、嬉しさ、喜び、楽しさ、不安、全ての自分の感覚や感情に敏感に向き合うことです。

そんなアスリート魂を持ったラクロスプレーヤーが増えるのはものすごく面白いし、それによってラクロスがハンパないスポーツに発展していくことを心より願っています!





【スポンサードリンク】

関連記事

  1. 日本のラクロスコーチの現状|アンケートから見えたコト①

  2. 【差し入れ何持って行こう?】プレーヤー的もらって嬉しい差し入れ一覧(秋冬の試合編)

  3. 【大学訪問記・ブログ】京都大学・女子ラクロス部に訪問してきました。

  4. 【こぶ平コラム】女子ラクロスU-19世界選手権日本代表に望む事 Vol.3

  5. リーダーシップがある人とない人の違い

  6. 【男子ラクロス世界大会】イスラエル訪問時に使えるヘブライ語特集

  7. 【ラクロッサー×青年海外協力隊】苗村 瑞穂さん|ザンビア

  8. 【ラクプラおすすめ】試合後に行きたい駒沢周辺のカフェ&休憩スポット10選

  9. 【インタビュー】1990年代のラクロス③:忽滑谷由美子さん(聖心女子大学)

  10. 【ラクロスが熱い!】オススメのアメリカのラクロス映画!!

  11. 雷がなったらラクロスは中止|雷の音や光が見えたらどうすればいいか

  12. 2017年ラクロス3大大会観戦ガイド|全日本ラクロスクラブ選手権