【ラクロス団体コラム】SELL流「代表×キャリアの両立の秘密」~春木理沙編~

社会人女子選手の強化支援と次世代選手の育成に注力しているSecond Era Leaders of Lacrosse (SELL)です。SELLでは複数の別クラブに所属している社会人選手がチームの枠を超えて「上手くなりたい!」という共通の想いで一緒に平日の仕事後に練習をしています。また、そういったメンバーだけでなく、「次の世代にラクロスをもっと広めたい!」という熱いラクロス愛を持ってクリニックや大会運営、体験会などの普及活動に貴重な休日を割いてくれているスタッフも大勢所属している団体です。HPインスタに色々載っているので是非チェックお願いします!

SELLには現在10名の女子日本代表選手が所属しています。(2021年7月末時点)

このコラムでは彼女たちにリレー形式で、

「なぜ社会人になってもトップレベルで続けているのか?」

「両立で大変だったことは?」

「その原動力は?」

などの質問に答えてもらいます。

第1回目の多賀選手の記事はこちら

第2回目の今回は、社会人に入ってから大ブレイク!クラブチームFUSIONの社会人2年目の期待の若手選手、らいこと春木理沙選手です。春木選手はなんと関東3部リーグのチーム出身。大学時代に全国経験などがない中でもなぜトップレベルのチームでラクロスを続ける選択をしたのか、どのようなマインドで取り組んだ結果社会人2年目で日本代表初選出をつかみ取ったのか。「自分には全国優勝や日本代表は遠い話」なんて思っている多くの大学生に、春木選手の経験を是非参考にしてもらいたいと思います。

SELL流「代表×キャリアの両立の秘密」~春木理沙編~

Q:自己紹介をお願いします。

春木理沙、コートネームは、らいです。

日本大学を卒業し、現在はFUSIONに所属しています!

社会人2年目で、美容メーカーの営業をしています!
全国のエステサロン、ヘアサロン、ネイルサロンに物販商品でお力添えさせて頂いております。

また、現在、日本代表としても活動をしています。私が日本代表を目指している理由は、新しい世界を見たいからです。

「この選手誰だろう?」と思われる方も多いと思いますので、少しラクロス経歴についてお話しさせて頂きます…!

ラクロスは大学から始めました!学生時代は3部リーグに所属しており、2部昇格を目指して活動していました。

私は誰もが知る有名選手でもありません。
社会人になり、クラブチームでラクロスをやる事も迷っていました。
そんな私のような平凡な選手でも、クラブチームでラクロスを続けられる事。
社会人になっても、ラクロスを上手くなれる事。
日本代表を目指せる事を、今回のコラムを通じて少しでも知って頂ければ嬉しいです…!

ラクロスが大好きでいつも刺激をもらえる、FUSIONの最高の同期

Q:よくある一日のルーティーンを教えてください

起床→スケジュール帳確認🗓、1日の流れを把握❕
→通勤(1時間電車に乗るので、読書タイムです📚)
最近は「覚悟の磨き方」という本を読んでます!オススメです❕→お仕事→トレーニング🏃‍♀️

Q:いままでで一番両立きついなーと思ったときを教えてください

朝早く、夜遅くまで仕事をしているとトレーニングの時間が取れないこと。

Q:それを乗り越えてやっててよかった!と思った仕事での出来事は?

いつもありがとう!とお礼を頂くことや、
サロンのオーナーと目的・目標を立てて、
ミーティングを重ね、目標を達成できた時❕
お客様の役に立てたと思える瞬間が、
仕事をやっててよかったなあといつも思います!

担当サロンのオーナーさんと上司との一枚。

Q:それを乗り越えてやっててよかった!と思った社会人ラクロスでの出来事は?

私がやっててよかった〜!と思う瞬間はそんなに大きな出来事ではないのですが、
毎週末チームで練習が出来ること、
試合で点数が決まった後にみんなで喜ぶ瞬間、
試行錯誤してたものが形になった時、
そういう時にやっててよかったなあ〜ラクロスって楽しいなあ〜と思います!

シュート後の最高の瞬間

Q:社会人で日本代表を目指す上で一番大変だと思うことは?

なかなか平日にトレーニングの時間をしっかり取れないこと。

家が会社から遠いこともあり、朝早くに出勤して夜遅くに帰ってくるため、思うようにトレーニングの時間が取れない事がもどかしく、大変だと感じています…!

そのため、工夫して時間を作ることはもちろん、
「出来る時に全力でトレーニングする!」
ということを意識して、日々取り組んでいます!

Q:それでも目指す原動力は?

ラクロスを始めたきっかけだから。
まだ見たことのない世界に挑戦したいから。

「ラクロスはスタートラインがみんな一緒!」
「日本代表を目指せる!」
というラクロス独特のワクワクするフレーズに惹かれて、ラクロスをはじめました。
そのきっかけを実現させたい思いと、

いつもビデオで見ている海外の選手に、
どこまで自分が通用するのか、
もっともっともっと上手くなって挑戦したい!
という思いで活動しています。

Q:代表とキャリアを両方頑張るために心がけていることは?

両立のために、仕事もラクロスも全力で頑張ること。

これを心がけています!
当たり前過ぎますが、
仕事を通じて得た経験も、
ラクロスを通じて得た経験も
どちらも自分自身の成長に繋がりますし

私はどちらかの手を抜いてしまうと、
もう片方の結果も中途半端になってしまうからです!

Q:これから社会人になる皆さんへメッセージあればどうぞ!

私自身、社会人になってから
ラクロスを続けるかとても迷っていましたし

3部出身の自分が、
日本一を目指しているチームに所属して
技術的についていけるのか
という不安もありました。

でも今しか出来ないことだというのと、
社会人になっても夢中になれて、熱くなれて、
目標に向かって努力出来るものがあること。
普通に生活していたら、経験できない事だろうなと思います。

そして社会人のラクロスは、
学生の時とはまた違った楽しさで伸び代が無限大です!!
私自身、社会人になってからが1番伸びていると実感しています。

ぜひ皆さんと一緒にラクロスできればと思います!
一緒に上手くなりましょう〜!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

温かい家族みたいなチームFUSION!

ー 合わせてみたい ー

春木選手の2018年ラクプラPlayer Spotlight記事はこちら:https://lacrosse-plus.net/interview/risa-haruki/

関連記事