【こぶ平レポート】全日本選手権決勝戦|女子ラクロスの進化の衝突

2017年度最後のラクロス公式戦全日本選手権決勝を今週末12月17日(日)に迎えます。
始めに申し上げておきます。男女とも今年の全日本選手権決勝は今までと違う意味を持っています。ですから是非会場で歴史の検証人になって下さい。

大きなテーマは
男子ラクロス:FALCONSの10連覇を阻止するのはStealersなのか?
女子ラクロス:3年連続日本一から遠ざかるクラブチームの復権を賭けた、NeOの進化と慶應義塾大学の進化進行形ラクロスの衝突は日本ラクロスの行く末を占う?

見どころ、その他今回は女子から紹介します。
スポンサードリンク

歴史の検証

女子の慶應義塾大学は、ラクロスの日本創始校という立場からの苦悩苦闘をへて2012年に関東初優勝。全日本大学女王。
そしてその年には一気にクラブの壁を崩して本当の日本一にまで登り詰めます。しかし、翌年はクラブ(MISTRAL)に日本一の座を奪還され、翌年から明治の後塵を拝する形になります。その3年間をリアルに体感したのが慶應の今を支える4年生です。慶應の強さに憧れて入部したが3年間挫折を余儀なくされた世代のリベンジ欲が今年の慶應の進化を促進したのではないかと考えています。
一方、2012年2013年と慶應の後塵を拝した、明治大学の主要メンバーを始め、2011年のU-19代表、2013年ワールド杯代表が中心になり、世界と戦えるラクロスを目指してできたチームがNeOです。いわば2012年からの新しいラクロスを実行する2つの流れがここで、改めて邂逅したというのが歴史的見方です。

前回の全日本選手権準決勝の見方で以下のように書きました。

ー次ページへー

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

1

2 3

関連記事

  1. 【こぶ平コラム】ラクロス 関東学生リーグ女子の進化

  2. 【慶應義塾大学】DAY1 出発報告

  3. 【こぶ平レポート】クライマックスシーリーズ31|全日本選手権・決勝戦女子

  4. FALCONS 海外遠征 DAY2:vs BLUEEYES BEVERAGE

  5. 【東京大学】DAY2 vs Georgetown University

  6. 【こぶ平レポート】クライマックスシリーズ12|第20回全日本クラブ選手権準決勝の展望

  7. 【こぶ平レポート】クライマックスシリーズ③全日本クラブ選手権1回戦

  8. 【慶應義塾女子】DAY 4 Daily Blog

  9. 【速報】関東地区大学新人戦・あすなろカップ結果

  10. 【女子ラクロスU19代表応援企画】日本代表チームをご紹介!|代表選手一覧あり!

  11. 【こぶ平レポート】キッズラクロス情報|ソフトラクロス大会

  12. 【こぶ平コラム】ラクロスが日本でスポーツとして認められる為に|その1:スポーツ協会って何?