【2019年最新版】全日本ラクロス大学選手権大会の歴史まとめ

全日本ラクロス大学選手権大会。この大会は大学のラクロスチームの日本一を決める大会です。
2018年は10回目の開催となり記念の大会となりました。2019年は11回目の開催となります。

現在大学生のラクロスチームでは、2つのタイトルを目指し、獲得することができます。(一部条件あり)
1つはラクロス協会が主催している『全日本選手権大会』。社会人が多く所属しているクラブチームと大学のチームが戦い、日本にある全ラクロスチームが競う正真正銘の日本一のチームを決める大会となります。
もう1つが、このラクロス協会が主催している『全日本ラクロス大学選手権大会』。こちらは大学チームの日本一を決める大会です。
2018年日本ラクロス協会公式の全日本大学選手権大会ページ:http://www.lacrosse.gr.jp/nlcc2018_guide/

2018年大会をもって、男女ともに優勝回数が男子は慶應義塾大学&早稲田大学で並び、女子は慶應義塾大学&関西学院大学で並びました。
2019年大会でいずれかの大学がぬけるのか、はたまた別の大学が新チャンピオンとなるのか、、、期待大です!

男子ラクロス優勝回数ランキング

1位|優勝回数4回|慶應義塾大学、早稲田大学
3位|優勝回数1回|一橋大学、日本体育大学

女子ラクロス優勝回数ランキング

1位|優勝回数3回|慶應義塾大学、関西学院大学
3位|優勝回数2回|明治大学
4位|優勝回数1回|東海大学、日本体育大学

男子ラクロス年別優勝チーム

2009年(第1回)一橋大学
2010年(第2回)早稲田大学
2011年(第3回)早稲田大学
2012年(第4回)慶應義塾大学
2013年(第5回)早稲田大学
2014年(第6回)慶應義塾大学
2015年(第7回)日本体育大学
2016年(第8回)慶應義塾大学
2017年(第9回)慶應義塾大学
2018年(第10回)早稲田大学
2019年(第11回)???

女子ラクロス年別優勝チーム

2009年(第1回)東海大学
2010年(第2回)日本体育大学
2011年(第3回)関西学院大学
2012年(第4回)慶應義塾大学
2013年(第5回)慶應義塾大学
2014年(第6回)明治大学
2015年(第7回)明治大学
2016年(第8回)関西学院大学
2017年(第9回)慶應義塾大学
2018年(第10回)関西学院大学
2019年(第11回)???
【結果参考】ラクロス協会ウェブサイトより

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事

  1. 【女子ラクロス】FILの女子ラクロスルールについて紹介

  2. 【ラクロッサー必見】スパイクの選び方と手入れ方法

  3. 6/29(木)スポーツコーチのための学び場始めます!

  4. リーダーシップがある人とない人の違い

  5. 【ラクプラおすすめ】試合後に行きたい駒沢周辺のカフェ&休憩スポット10選

  6. 【ラクロスが熱い!】ラクロスをテーマとしたテレビ&映画

  7. 【ラクロッサー川柳】2017年川柳No.1〜10までをまとめてご紹介

  8. 強いチームになるために、まず最初にすべきこと

  9. 日本のラクロスコーチの現状|アンケートから見えたコト③

  10. 【ラクロスルール】 ラクロス審判試験のオススメ勉強法

  11. 【ラクロッサーってどんな人?】特徴その1:超早起き

  12. ラクロスギアスポーツブランドの歴史といま