【海外ラクロス】フランスのラクロス事情|東京外国語大学コラボ企画

こんにちは!東京外国語大学言語文化学部フランス語専攻、中村文香です!
LACROSSE PLUS × 東京外大ラクロス部のコラボ記事第二弾は、フランスのラクロス情報をお届けします!

◆フランスラクロス基本データ
クラブチーム数:10 (全て男子チーム)
連絡先:フランスラクロス協会サイト(https://www.france-lacrosse.fr)
メール(contact@france-lacrosse.fr)
Instagram(https://instagram.com/france_lacrosse?utm_medium=copy_link)
Facebook(https://m.facebook.com/associationfrancaisedelacrosse/)
Twitter(https://mobile.twitter.com/francelacrosse)

Q. フランスラクロス協会について

フランスラクロス協会(AFL)が創設されたのは、2008年、リールとパリでクラブチームが創られた年です。
この年に初めてフィンランドのラハティで開催されたヨーロッパの大会に出場しました。
この年から、フランスでラクロスを広め国際大会や世界大会に出場するために、AFLは活動を続けています。
また、男子はヨーロッパ大会や世界大会に出場していますが、女子の国際大会出場経験はないそうです。

Q. フランスでラクロスするには?

フランスに留学してラクロスをしたい場合、学んでいる学校がある地域にラクロスができる場所があるかどうかFacebookで調べて、そこから連絡を取ることができます。
主な地域は、リール、オルレアン、ブールジュ、リヨン、パリ、ボルドーなどです。

Q. ラクロスは盛んですか?

ラクロスはフランスでは発展途上なスポーツです。
人数が少ないため、クラブチームも合同で練習しています。
フランスラクロス協会はまだまだ小さいコミュニティですが、全てのメンバーが一致団結して、ラクロスを広めるために尽力しています!

Q. 日本人プレイヤーはいますか?

います!一緒にクラブチームで練習したり、大会に参加したりしています!

おまけ ラクロス × フランス語講座!

「ラクロス」、英語に直すと、「lacrosse」ですよね。
この「lacrosse」、フランス語で「le jeu de la crosse」《棒を使ったゲーム》という言葉が由来とのこと…!

ラクロスの名付け親は、フランス人だったと言われています!

Lacrosse (ラクロス):ラクロス
Balle (バル):ボール
Attaque (アタッキ):アタック
Défense (デフォンス):ディフェンス
J’aime faire du lacrosse! (ジェーム フェール ドゥ ラクロス!):私はラクロスをすることが好きです!
Lacrosse fonde une amitié! (ラクロス フォンド ユヌ アミティエ!):Lacrosse makes friends!

【フランスラクロスレポート担当】
東京外国語大学言語文化学部 フランス語専攻 中村文香

関連記事