【女子ラクロスU19代表|選手紹介】内田 妃那選手|日本大学所属

8月にカナダにて開催される第7回FIL女子19歳以下世界選手権大会(Women’s Lacrosse World Championship)に出場する女子ラクロスU19日本代表選手をご紹介します。

大会詳細はこちらから↓

内田 妃那選手|日本大学所属

【名前】内田 妃那 (コートネーム:ひな)
【所属】日本大学
【ポジション】G
【利き手】ラクロスでは左(利き手は右)
【身長】163cm
【ラクロスを始めた理由】先輩のゴーリーぶりがカッコよくてラクロスを始めた。ポジションも直ぐに顧問の先生と相談し、ゴーリーをやることになった。
【スポーツ歴】ソフトボール

こぶ平’s VIEW

内田選手については高校1年生からプレーを見させていただく機会が多かった。高校時代から不動の正ゴーリーであり、好セーブとロングパスを連発していた。
内田選手は、ゴールから、ディフェンスだけではなく攻撃も鼓舞する頼れる選手である。ゴールサークル以外でのプレー範囲も広く、ロングパスの速さと正確さは魅力。
大学に入ってからは、所属チームの3部降格も体験し、その悔しさもありチームのゴールを守なければならないという使命感がU19代表でも現れ、守備陣の支えにもなっているようにも見える。この頼もしきゴーリーは、ともにU19代表を目指しながら、怪我で代表入りが叶わなかった同期のアタッカー奥津選手の思いも抱いて世界選手権に臨む。
世界選手権の決勝トーナメントで、今まで見た事もないショットをセーブしてくれる姿が目に浮かぶ。期待したい。

Photo Gallery by Akie Umeda


関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。