【女子ラクロスU19代表|選手紹介】井田 ほのか選手|同志社大学所属

8月にカナダにて開催される第7回FIL女子19歳以下世界選手権大会(Women’s Lacrosse World Championship)に出場する女子ラクロスU19日本代表選手をご紹介します。

大会詳細はこちらから↓

井田 ほのか選手|同志社大学所属

【名前】井田 ほのか (コートネーム:いだほ)
【所属】同志社大学
【ポジション】DF
【利き手】右利き
【身長】168cm
【ラクロスを始めた理由】新しいスポーツをやりたいと思っていたところラクロスに出会った
【スポーツ歴】サッカー

こぶ平’s VIEW

井田選手のラクロスの原点には、前指導者の秋葉先生の教えがあるという。ラクロスの技術だけでなく、ラクロスに向かう姿勢や、チームメートに向かう姿勢、試合に臨む姿勢が大事だ、と教わったとのこと。
私が知る秋葉先生の同志社高校は、とにかくハードな練習が有名であるが、そのハードな練習中に成長し続ける井田選手の負けず嫌いの気持ちとのケミストリーが、ラクロスに向かう原動力となっているのではないかと思う。秋葉先生から 「是非自分の教え子で世界に輝く選手になって欲しい。」 というメッセージが今の井田選手を動かしているという。

「自分達が日本を代表し結果を残すことで、家族や同志社大学の仲間、関西のリーグ戦の仲間、そして恩師の秋葉先生に感謝を示したい」と井田選手は言う。

井田選手が、DFラインで海外選手を抑え込むプレーがU19チームをメダルに近づける事になるのは間違いない。
期待したい選手の一人である。

Photo Gallery by Akie Umeda

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。