【女子ラクロスU19日本代表選手紹介】ジョーンズ 萌仁香選手|立教大学所属

8月にカナダにて開催される第7回FIL女子19歳以下世界選手権大会(Women’s Lacrosse World Championship)に出場する女子ラクロスU19日本代表選手をご紹介します。

大会詳細はこちらから↓

ジョーンズ 萌仁香選手|立教大学所属

【名前】ジョーンズ 萌仁香 (コートネーム:モニカ)
【所属】立教大学
【ポジション】AT
【利き手】右利き
【身長】165cm
【ラクロスを始めた理由】バスケット以外のスポーツを探しており、そのタイミングで顧問先生に誘われた事と
母親にも入部を後押しされたから。
【スポーツ歴】バスケット

こぶ平’s VIEW

高校からラクロスを始めたジョーンズ選手。プレー中は冷静、派手な
動きではなく密かに最高のポジションから一気に得点をするその動きはU19に於
いても異彩を放つ。私は彼女の事を密かに「必殺仕事人」と呼んでいる。
東京成徳大高校の出身だが、中学校時代は名門バスケットボール部員の一員だった。
高校に進学する際、ラクロスで日本一になる道を選んだ。それは先生の誘いや親御さんの強い後押しがあったからだという。
名門のバスケットボール部では、ラクロスの比ではない練習を積んできている。
そのハードな練習により身体を鍛え上げられ、持ち前のそのラクロスセンスは、海外の選手にも通用するに違いない。
世界選手権でのジョーンズ選手の活躍には期待をしている。

Photo Gallery by Akie Umeda

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。