【女子ラクロスU19代表|選手紹介】山内 理紗子選手|南山大学所属

8月にカナダにて開催される第7回FIL女子19歳以下世界選手権大会(Women’s Lacrosse World Championship)に出場する女子ラクロスU19日本代表選手をご紹介します。

大会詳細はこちらから↓


山内 理紗子選手|南山大学所属

【名前】山内 理紗子選手(コートネーム:りぃ)
【所属】南山大学
【ポジション】DF
【利き手】右利き
【身長】158cm
【ラクロスを始めた理由】高校時代の部活動ではかなり追い込んだ練習をしたが強豪校には勝てず、限界感感じ、その過程でハンドボールが楽しいという感覚、楽しむという気持ちも持てなかった事がハンドボールを続けなかった理由。
勝負、戦う事は好きだった。高校時代に高いレベルでの勝負の経験をしたこともあり、大学でも大学内でハイレベルのスポーツを選びたかった。それが大学でのラクロスの出会い。
全員が同じ条件で始める事、そしてない寄りも先輩のやるラクロスが楽しそうだったのでラクロスを始めた。
【スポーツ歴】ハンドボール ポストとポイントガード(45) ※東海大会出場

こぶ平’s VIEW

大学ではMF/ATをしている。そして学年ののエースでもある山内選手。このインタビューの後名古屋に帰り、翌日の東海地区新人戦に参加、1日目の得点王となり、南山大学の新人戦連勝に貢献している。そんな彼女が日本代表としては攻撃的DFとして活躍をしている。そんな日本代表をみて、新しい女子ラクロスのスタイルが生まれると思っている。これは、世界の強豪と互する為にも必要な事だ。
攻撃選手の目を持ったDFが局面を変える活躍を見せて欲しい。
そして、南山大学が東海地区の代表というだけに留まらない為にも活躍が期待される。
彼女の決意はU19での活躍に留まらず、南山大学チームとして打倒関東を果たす事なのだ)。
東海地区の応援を一身に背負う覚悟も見て欲しい。

Photo Gallery by Akie Umeda

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。