【Welcome to Club Lacrosse】金子 珠巳選手(大東文化大学)|ORCADEA

様々な環境で社会人クラブチームでラクロスを続けているラクロッサーの方々へインタビューを行い、「社会人クラブチームでラクロスをする」ということの、学校の部活とは一味違った魅力をお届けしていくWelcome to Club Lacrosse!
学生時代は別のレベルのチームの人と交わる機会が多くないですが、社会人では学生時代は一緒にプレーする機会がなかった選手と一緒にプレーすることができるのも魅力ですよね!金子選手がクラブの良さを紹介してくださいます!

金子 珠巳選手(大東文化大学)|ORCADEA


【名前】金子 珠巳 (かねこ たまみ)
【年齢】23
【所属クラブ】
ORCADEA(東日本クラブリーグ女子1部)
【出身大学】大東文化大学
【ポジション】MF
【所属チームSNS】
Twitter:https://twitter.com/orcadea
Facebook:https://m.facebook.com/orcadea.lacrosse
Instagram:https://www.instagram.com/orcadea/
【所属クラブ連絡先】
Twitter、Facebook、Instagramのダイレクトメッセージでのご連絡をお待ちしております!

【ORCADEAの魅力】
皆が輝けるところ!です。

オルカには有名選手はいません。
その中でも一部で上を目指すためには、
全員が最大限の力を発揮できなければなりません。
どうしたら勝てるのか、チームの強みを出せるのかを常に皆で考えてプレーしています!これからもっともっと成長し続けるチームです!

オルカは、面倒見が良くて優しい人が多いです!個性の塊みたいな人や、きれいなお姉さん、ガタイが良いお姉さんもいる、にぎやかで楽しいチームです!

【あなたのラクロスにおける目標は?】
様々なクラブチーム・大学の練習に参加し、色々なラクロスを学び、
「やりきった!!」と思うまで選手としてプレーし続けたいです。
いつかは学生に
「ラクロスやって良かったー!」
と思ってもらえるような、ラクロスの楽しさを教えられるコーチになりたいです。

【クラブでラクロスを続ける理由】
色々な大学出身の人たちとプレーするので、何年目になっても新しい発見があり、まだまだ成長できると実感できます!
あとは、平日溜まったストレスを土日のラクロスで発散させてます…。

【1週間のスケジュール】
平日:仕事
土日:朝から昼までラクロス〜そのままご飯や遊んだり

【あなたが思う学生ラクロスとクラブラクロスの違いは?】
私はずっと2部の大学だったので、
学生時代スタンドで観ることしかできなかったスター選手たちと実際に対面で戦うことができる点は大きな違いであり、魅力的だと思います。
仕事の合間にチームのことを考えてしまうくらい、ラクロスやチームが大好きな人が集まっていて、そんな人たちと一緒にプレーできることが最高に楽しいです!

【社会人でラクロスを続けてよかったと思ったこと】
学生時代関わることのなかった年代の方、他大の方と出会い、色々なプレーを教わり、ラクロスがもっともっと楽しいものだと気づけました。

【クラブでラクロスをやってて大変だなと思ったところとそれをどうやってカバーしていますか?】
それぞれ大学でやってきたことが異なるので、戦術や組織的な所に関して、チームにとって一番の方法を決めることが大変だと思います。

オルカは、どんな意見も耳を傾けてくれるので、誰もが発言しやすいです。
常に皆で話し合いながら、チームが良い方向に向かうようにやっております!

ラクロス界の方へメッセージ

ラクロスを通して、人との繋がりも広がり、
プレーだけではなく、内面的にも大きく成長できたと思います。
一緒にプレーしているチームの方々、
ラクロスの楽しさを教えて下さった方、応援して下さる方、ラクロス界を支えてる方々に本当に感謝です。
私もラクロス界を盛り上げていけるように頑張ります!

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。