【こぶ平レポート】関東女子|ウィンターステージって驚かされますね!

ラクロスの2018年度新チームが始まって、最初の公式戦が新人戦2nd Stage ウィンターステージです。

ラクロスファンのみなさん、寒い中見に行かれると4年生が楽しみなプレーヤーに出会えて、嬉しくなってしまいますよ。
今回は、関東の女子の予選グループの模様と結果をお知らせします。
決勝トーナメントは12月16日(土)江戸川区葛西臨海球技場で男女同時に実施されます。是非有望選手を見つけてファンになって下さい!
スポンサードリンク

結果は以下です。青色塗りが決勝トーナメント進出チームです。

サマーステージからの変化や特徴をいくつか述べます。
・サマーでBehindをした慶應義塾がサマー2位の日体大を破る成長を見せた。
・サマーでは決勝トーナメントに進めなかった立教βが実に強いラクロスをする進化を見せた。
・東洋・大東文化合同や東洋英和・日本女子体育合同は経験者を生かした強みを保持している。
・明治α、明治学院の単独チームは、Aチームの色即ち学校のラクロススタイルが色濃く出ている。
・3部4部チームの場合やはり得点力は課題である。

意外な感じとしては

・日本大学のパフォーマンスが低下していた。
・学習院の進化が少なかった。
・日本体育の進化は少なかった。

そして、早稲田・筑波、東京農業・獨協は惜しくも届かなかったが、それをリカバリーの糧にしていただきたいと
思いました。(今年の慶應義塾の4年生さんのように)


特に気になったチームを3つ紹介しておきます。

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS JAPAN ーラクプラー

LACROSSE PLUS JAPAN ーラクプラー

編集長LACROSSE PLUS JAPAN
小野寺ひより(編集長) <ラクプラについて>設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい
続きを読む
1 / 2

関連記事