【ラクロスTIPS】スプリットダッチのコツと練習方法

YoutubeでシェアされてあるラクロスTIPSの日本語訳をみなさんにご紹介します!
今回ご紹介するのは、「スプリットダッチについて」です!

Millon Lacrosse Tip of the Month – The Split Dodge

この動画ではスプリットダッチについてを解説しています。
(別名:ダウンヒルダッチ、ノースサウスダッチ)

<概要>
常に体はゴールに向ける
手を自由に扱えるようにしておく(細かい持ち替えができる等)
ダッチをきる体に平行なラインをイメージする(クロスを置く等も有効)
ラインのところで大きく左に一歩踏み出し、その後右に小さくステップ
(クロスのヘッドが体の右にある場合)
2歩目の右足の踏切でラインを越す

<分解練>
・クロスの扱いについて
体に平行なラインをイメージする
ラインから1ヤード(約90㎝)離れた地点でパワーポジション
2~3分、持ち替えやクレイドルを続ける
持ち替え時、クロスのヘッドは肩の高さでコンパクトに。
・足も一緒に
ラインから1ヤード離れたところから
左→右→左(or右→左→右)でステップ
30回やったら・・・
ラインから離れる
ラインに向かって歩き、そのまま3歩のステップに入る
20回やったら・・・
ジョギングからのステップ

試合でやるには・・・他のダッチ、ステップとの組み合わせも大事!
例、スプリット→ロール→減速→加速→バックステップ→・・・
反復して体に動きを覚えこませるべし!!!

訳:篠原 怜

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。