【関西男子Bリーグ】2021年Bリーグの大会概要をご紹介!

今年の関西Bリーグが2021年7月10日に開幕いたしました。

関西Bリーグとは、京都大学男子ラクロス部が運営するBチームリーグであり、「準公式戦としてBリーグを開催することで、各校のBチームに勝ちにこだわる試合の場を提供し、緊張感のある試合を通じて選手の育成を図る」ことを開催目的としています。
2008年から14年以上続いており、関西リーグの発展に大きく寄与しているものとなっています。

今年度は、試合結果や星取表、注目選手紹介など様々なコンテンツをラクプラで発信していくことになりました。
是非ご注目ください。

以下のチームが2021年度関西Bリーグに参加していただいています。

◆ 参加チーム一覧
大阪大学、岡山大学、関西大学、関西学院大学、京都大学、京都工芸繊維大学、京都産業大学、近畿大学、神戸大学、神戸学院大学、同志社大学、名古屋大学、南山大学、立命館大学、龍谷大学(五十音順・全15チーム)

予選はブロック制となっており、3ブロックに分かれています。

〇Aブロック
大阪大学、京都大学、京都工芸繊維大学、同志社大学、龍谷大学

〇Bブロック
京都産業大学、近畿大学、名古屋大学、南山大学、立命館大学

〇Cブロック
岡山大学、関西大学、関西学院大学、神戸大学、神戸学院大学

各ブロック上位1チームが決勝リーグへと進出 し、『B全日本選手権』への出場権をかけて戦います。

2020年度は決勝リーグ出場チームは、京都大学、関西学院大学、近畿大学の3チーム。関西優勝は京都大学、関西準優勝は関西学院大学でした。
今年ははたしてどのチームが決勝進出となるのでしょうか。是非ご注目ください!

2021年Bリーグ|7月10日〜8月11日の結果一覧はこちら:https://lacrosse-plus.net/news/japanlacrosse/bleague-2/

関西Bリーグ最新情報はこちらから:
【関西BリーグTwitter】https://twitter.com/WestJapanLax_B

関連記事