【男子ラクロス世界大会】大会結果|大会順位一覧

7月12日からイスラエル・ネタニヤにて開催された男子ラクロス世界大会。
決勝が7月21日(土)現地時間10時にF.O.。アメリカがカナダを常に追う試合展開でしたが、最後の最後、結果は9ー8でが勝利しました。

下記世界大会のランキングをまとめました。

ランキング

1位 – アメリカ(前回大会2位)
2位 – カナダ(前回大会1位)
3位 –イラコイ(前回大会3位)
4位 – オーストラリア(前回大会4位)
5位 – イングランド(前回大会5位)
6位 – 日本(前回大会8位)
ー(以上次回大会Blue Division(シードグループ)での参加)
7位 – イスラエル(前回大会7位)
8位 – プエルトリコ(初出場)
9位 – ドイツ(前回大会9位)
10位 – フィリピン(初出場)
11位 – スコットランド(前回大会6位)
12位 – アイルランド(前回大会10位)
13位 – ジャマイカ(初出場)
14位 – ウェールズ(前回大会17位)
15位 – フィンンランド(前回大会13位)
16位 – イタリア(前回大会18位)
17位 – ノルウェー(前回大会25位)
18位 – ラトビア(前回大会19位)
19位 – ギリシャ(初出場)
20位 – スイス(前回大会15位)
21位 – ニュージーランド(前回大会12位)
22位 – オランダ(前回大会16位)
23位 – スロバキア(前回大会26位)
24位 – オーストリア(前回大会28位)
25位 – スウェーデン(前回大会11位)
26位 – チェコ(前回大会14位)
27位 – 香港(前回大会21位)
28位 – ハンガリー(初出場)
29位 – アルゼンチン(前回大会36位)
30位 – ベルギー(前回大会27位)
31位 – スペイン(前回大会30位)
32位 – ポーランド(前回大会20位)
33位 – フランス(前回大会31位)
34位 – デンマーク(前々回大会26位)
35位 – 韓国(前回大会35位)
36位 – ロシア(前回大会32位)
37位 – バミューダ(前回大会24位)
38位 – メキシコ(前回大会23位)
39位 – ペルー(初出場)
40位 – ウガンダ(前回大会34位)
41位 – 台湾(初出場)
42位 – 中国(前回大会33位)
43位 – コスタリカ(初出場)
44位 – トルコ(前回大会22位)
45位 – コロンビア(前回大会37位)
46位 – ルクセンブルグ(初出場)
ー合わせて読みたいー




The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事

  1. Playing Lacrosse in Japan

  2. 【海外遠征】関西学院大学(男子)|DAY3

  3. 【日本U22代表】APLU|第8回APLUアジアパシフィック選手権大会結果まとめ

  4. 【男子ラクロス世界大会】決勝トーナメント2戦目:プエルトリコ

  5. 【女子ラクロス】イングランド代表チームのサポート体制について

  6. 【NLL2017】Week10ハイライト

  7. 【女子ラクロス】2018年NCAA決勝トーナメント動画

  8. 伝説のラクロスプレーヤーCasey Powellの現役引退

  9. 【男子ラクロス世界大会】シードグループ:Blue Division情報

  10. English Lacrosse Association – 2016 National Lacrosse Convention

  11. 【男子ラクロス世界大会】ワールドチーム選手一覧|ポジション毎世界で一番うまい選手

  12. 【NLL2017】Week15, 16ハイライト

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー