日本のラクロスコーチの現状|アンケートから見えたコト③

LACROSSE PLUSでは昨年2017年に現役でラクロスコーチをやられていた方にアンケートをとり、日本におけるラクロスコーチの現状を把握しにいきました。
そのコーチアンケートの結果から見えたことを皆さんにご紹介したいと思います。

この日本ラクロスコーチの現状のまとめは全5記事にまとめました。
①日本のラクロスコーチの状況について&チームへの関わり
②コーチへの謝礼について
③コーチをやる上で重要なことについて
④これからコーチをやりたいと思っている人へ現役コーチからメッセージ
⑤クロス集計:LACROSSE PLUSまとめ

まずは、アンケートに答えていただいたコーチの皆様、ご協力を本当にありがとうございました。
今回ラクロスコーチのポジションや置かれている状況など現状が知れたことによってこれから改善できるポイントがみえてきたと思っています。
また皆様にご協力いただいたこのアンケート結果は、現役ラクロッサーだけでなく、実際にコーチをやられている方、そしてOBOG組織の方にも大変役立つ情報になったと思います。
ぜひこれからもみんなで日本ラクロス界を盛り上げていきましょう!

今回ご紹介するコーチ情報は ③コーチをやる上で重要なことについて ご紹介します。
こちらにまとめた全ての情報は2017年10月に行ったアンケート結果に基づいています。

ラクロスコーチとしての重要項目

どのレベルのコーチをやるにも「コミュニケーションスキル」が大事だという回答が多くみられた。
その他にも「選手を理解すること」、「ラクロスに関する知識量」が必要という回答が目立った。

ただトップレベルのチームのコーチの回答では自由回答(チェック項目以外にこだわりがあれば自由に書き込むことができるような様式になっていた)の回答をしている人が多くみられた。これはコーチとしてのこだわりが強いことを示していると思われる。



スポンサードリンク

ー【次ページ】コーチスキルと社会人スキルの共通点ー

続きを読む
1 / 2

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。