3.11 東日本大震災から10年。いま私たちができること。【小野寺ひより】

 

こんにちは。ラクプラの小野寺ひよりです。

今日で東日本大震災から10年が経ちました。
実はわたしの出身は福島県の双葉町、福島第一原子力発電所ががあるところで幼少期から高校まで育ちました。
みなさんご存知の通り、そんな私の故郷、双葉町は今はもうありません。実家も解体してしましました。
10年という節目ですが、まだまだ自分の心の中にぽっかり空いた隙間があるなと思っています。
とはいえ、前を向いていかなければいけないなと思っており、
今回ラクプラでは、『あの経験を忘れない、そしてこれからおこる天災に備えよう』という思いを込めて、
東日本大震災の当時の経験をラクロッサーに聞いてみました。
これから10日間かけて、みなさんにラクロッサーの当時の経験をシェアしていきたいと思います。
私は、あの経験を通して、自分が繋がっていたいコミュニティーとは、自分が丁寧に気にかけて、そして作っていかなければいけないなと思いました。
私は震災を通して地元コミュニティーを無くしてしまいましたが、地元と同じくらい大事な「ラクロスコミュニティー」は絶対に自分から切り離してはいけないなと強く感じています。
そう感じれているのも、東日本大震災があったからです。
みなさんも、是非自分が大事にしたいコミュニティーは多少メンテナンスが大変でも、是非大事にしていただきたいなと思います。
ラクプラ代表 小野寺ひより