データで見るU2019年19世界大会|強いチームのTO発生箇所と回数〜Supported by SPLYZA Teams(スプライザチームズ)〜

2019年女子ラクロスU19世界大会で優勝をしたアメリカ代表はどんなところでターンオーバーをしていたのか、どんなところでボールを失っていたのか、、、
データで皆さんにご紹介したいと思います。

今回も記事作成はSPLYZA Teamsさんにご協力いただきました!


結論、アメリカ代表のターンオーバーポイントはゴール付近が多く、無駄なミスは少なかったですよ、というのが結論。
そしてターンオーバーの数にも注目。レベルが高いチームほど、ターンオーバーの数が少ないのがポイント。

自チームがボールを失っているところと、ボールを失っている回数、そして理由をぜひ他の国代表チームと見比べてください。

また、自チームのデータ分析をしっかりしたいと思っているチーム、ぜひSPLYZA Teamsさんにお問い合わせしてみてください。

<アメリカ代表のターンオーバー情報はこちら>
2019年8月4日:カナダ vs USA & 8月8日:オーストラリア vs USA

<カナダ代表のターンオーバー情報はこちら>
2019年8月4日:カナダ vs USA

<オーストラリア代表のターンオーバー情報はこちら>
2019年8月8日:オーストラリア vs USA

<ニュージーランド代表のターンオーバー情報はこちら>
2019年8月4日:日本 vs ニュージーランド

<日本代表のターンオーバー情報はこちら>
2019年8月4日:日本 vs ニュージーランド

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS JAPAN ーラクプラー

LACROSSE PLUS JAPAN ーラクプラー

編集長LACROSSE PLUS JAPAN
小野寺ひより(編集長) <ラクプラについて>設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい

関連記事