【女子ラクロスU19代表|選手紹介】永田 亜美選手|学習院大学所属

8月にカナダにて開催される第7回FIL女子19歳以下世界選手権大会(Women’s Lacrosse World Championship)に出場する女子ラクロスU19日本代表選手をご紹介します。

大会詳細はこちらから↓

永田 亜美選手|学習院大学所属

【名前】永田 亜美(コートネーム:すい)
【所属】学習院大学
【ポジション】G
【利き手】右利き
【身長】159cm
【ラクロスを始めた理由】学習院大学に入学が決まってから、ラクロスをしたい、その中でもゴーリーをしたい
と思っていた。中高で果たせなかった、1番を目指せるチームボールゲームだったから。
【スポーツ歴】バレーボール、ハンドボール

こぶ平’s VIEW

永田選手は自分の長所を「気持ちの強さ」だという。「ゴールされて落ち込む事は無い。」ときっぱりと言い切る永田選手。この気持ちの切り替えの速さはゴーリーに求められる要素の一つである。
永田選手は高校時代にはハンドボールでゴールキーパーとして活躍。
高校最後の夏には埼玉県で12位のランクまで上がりインターハイ予選に挑んだが、2回戦で大敗。その時の試合の
スコアは 11対47 であり、今でも忘れることができない試合の一つだと言う。ラグビーでもバスケットでもない、ハンドボールでこの大差は珍しい。ハンドボールでも
ゴールキーパーとしてたくさんの経験を踏んでいることもあり、ラクロスでもその経験は生き、永田選手はゴールされても落ち込むことはなくなったそう。

相手にゴールを許さないために、自身のセーブ技術を高める。そしてゴールキーパーの技術だけでは、失点は防げない部分もある事も理解している永田選手は 「これからもっとショットを撃たせないためのディフェンスの指示だったり、危機を切り抜けるクリアパスであったり、必要な物を全て磨きたいと思っています。」、そう語る。
試合の後で、守り切った充実感と共にヘルメットを取って見せる笑顔に拍手を送りたい選手である。

因みにコートネームの 「すい」について…
永田選手はペンギンが好きだそう。ペンギンと言えば 某●uicaのペンギン。そしてそこから関連づけて付いたネームは「すい」だそう。
こんな形で独特のコートネームがついているのも大学ラクロスの魅力ですね。

Photo Gallery by Akie Umeda


The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事

  1. 【インタビュー#1】日本初のインドアラクロスクラブ!Tokyo Indoor Lacrosseさんにインタビュー!

  2. 【Player Spotlight】高橋 未帆選手|MISTRAL

  3. 【Referee Spotlight】森部 一斗さん|男子ラクロス

  4. 【女子ラクロスU19日本代表コーチ・スタッフ紹介】サポートスタッフ|中山宇蘭さん ーUran Nakayamaー

  5. 【Player Spotlight】谷山なつき選手|FUSION

  6. 【新入生向け女子ラクロスルール紹介】試合時間について

  7. 【女子ラクロスU19代表応援企画】3月23〜24日の練習会レポート

  8. 【ゴーリー】海外ゴーリー選手のかっこいいシーンまとめ

  9. 【Player Spotlight】陳野 クリス選手|ADVANCE-HANGLOOSE

  10. 【こぶ平レポート】クライマックスシリーズ25|全日本クラブ選手権女子決勝を見た!

  11. 【Player Spotlight】西村 沙和子選手|慶應義塾大学

  12. 関西大学「女子」ラクロス部が米東海岸へ遠征!ラクプラに遠征レポート掲載!!