【こぶ平レポート】ラクロス振り返り前に、2019プレシーズン始まる!

ラクロスファンの皆さん
昨年振り返りが終わらぬまま、今週末には東京6大学リーグ戦が始まります。
男子はSPリーグ、国立大リーグ戦も始まっています。
プレシーズンリーグの楽しみ方も伝えて行きますが、先ずは開幕情報だけ速報です。

まずは、始まっている男子国立大リーグ戦
詳しくは、昨年のラクロスプラスからご参照ください。
https://lacrosse-plus.net/2018/09/19/public-college-tournament/

今年は、茨城大学、埼玉大学、筑波大学、東京学芸大学、横浜国立大学の
5校に減ったのは残念ですが、5月ぐらいまで続くプレシーズンリーグ戦です。
開幕は2/11 筑波大学が横浜国立大学を破っているようです。

そして男子SPリーグ 今年で4年目を迎え
神奈川、成蹊、一橋、獨協、千葉、明治学院、中央、日本体育 の8校が戦い4月まで続くようです。
既に試合は進んでいて、獨協大学が開幕3連勝と仕上がりが速そうです。

さらに、今週末から東京6大学リーグが始まります。
ただ、残念なのは男子の試合は、公開を進めてはいないようです。USでもそうですが
男子のプレシーズンマッチの試合結果は公開されないのが多いのですが、試合観戦まで進めていないケースは少ないです。
この時期のスカウティングに意味はないように思われるのですが、色々な試しを見られたくは無いという意味なのでしょうか?

しかしながら、そうやって秘匿しても、色々公開しているFALCONSには勝てない訳で日本のラクロスの底上げの為にも、どんどんOpenにして欲しいものだが、大学のスポーツの方針なのだろうか?

一方女子の場合プレシーズンマッチはリーグ戦のような形はサテライトリーグ中心になっているようで、この時期は私の知る範囲では 東京6大学リーグだけである。

そして、女子の6大学リーグはオープンにされている。この辺意識の違いはどこにあるのだろう?
大学スポーツにとって男子の優勝が至上で、その為には情報を公開することは不利になるという意識が見えるというのは、私だけなのか?

本当に、ラクロスが愛される女子スポーツになって欲しい。そうすれば意識が変わると思う。プロ野球は、練習に1万人以上集まる世界なのだ。

ということで、東京6大学リーグ戦女子の予定は積極的に公開されている。

まとめてみた。場所はやはり見つけるのは大変なようだ。場所時間は直前の各大学のSNS情報で
確認して欲しい。新しいラクロスをTop校がどのように体現するか?楽しみは尽きない。

今週末は

早稲田大学vs法政大学、 明治大学vs東京大学 の2試合で開幕する

LACROSSE NEW ERA

こぶ平

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。