【Player Spotlight】尾花一輝 – Kazuki Obana -|GRIZZLIES

全日本大学選手権で5回の優勝経験がある早稲田大学出身。JLA主催の新人戦のサマー・ウインター・あすなろにて全優勝をした黄金世代の選手であり、現在所属のGRIZZLIESには同期の後藤選手も所属し、大学からの息のあったプレーを魅せ大活躍中。大学時にはUniversity of Washingtonへの1年間の留学経験があり、海外のラクロスを肌で知るこの選手にSpotlight!

ープロフィール
【名前】尾花一輝(OBANA KAZUKI) IG:@kazukiobana53
【現在の年齢】2021年度で25歳
【出身大学&学部】早稲田大学国際教養学部
【卒業年】2018年度、後藤組
【出身地】千葉県
【身長】172cm

-パーソナル面

  • 趣味:漫画/ラジオ鑑賞、釣り、カレー屋とコーヒー店巡り
  • これだけは負けないという特技:料理
  • 好きな曲・テンションが上がる曲:You’re Gonna Go Far, Kid
  • 好きな言葉:猪突猛進
  • 自分をの正確を一言で表すと?:愚直、自分で決めたことをやり続ける根気はあると思います
  • 好きな食べ物:びっくりドンキーのエッグカリーバーグディッシュ
  • 好きな芸能人のタイプと理由:永野芽郁 朝ドラ見て以来ファンです
  • 試合前に食べる勝負飯:白米
  • あまり知られていない自分の意外な一面は?:毎日田中みな実と同じくらい水飲んでます。

– ラクロス面

  • プレー中に呼ばれる名前:おばな
  • 所属チーム:GRIZZLIES @grizzlies.lacrosse
  • ポジション:AT
  • 背番号とその番号を選んだ理由:0番、覚えてもらえやすいと思ったからです。
  • ラクロス歴:2021年度で7年目
  • ラクロスを始めたタイミング:大学
  • ラクロスを始めたきっかけ:
    ・高校時代の友達と体験に行ったら面白かった
    ・同じ学部に主力として活躍してる先輩がいた
    ・早慶戦に出場したかった
  • 得意プレー:フィード、シュート、ゴール周りの怖さ
  • ラクロスでの受賞/選抜歴:新人戦グランドスラム、2018年早慶戦優勝、2018年関東一部リーグ/全日本学生選手権優勝、関東一部リーグ/全日本学生選手権最優秀選手、DS
  • 使っているラクロスのブランドとモデル:バサロ製品
  • お気に入りのラクロス関連グッズ:学生時代につけてたNIKEの足用バンド
  • 好きなラクロス選手と理由:Kevin Rice、身体能力が特別高くなくてもスティックスキルと頭の良さを活かし活躍していて参考になるから
  • ラクロスを始める以前に行なっていたスポーツ:サッカー
  • これがあるからラクロス好きなんだよなって思うプレー中の瞬間は?:全員が予想してなかったプレーができたときです。
  • ラクロスの試合で一番思い出に残っている試合は?:関東決勝戦の東京大学との一戦(早稲田大学所属時)
  • 所属クラブチームの魅力は?:型にハマらない自由で面白いオフェンス。
  • ラクロスにおける目標は?:W杯で北米3強に勝つ
  • 現在クラブでラクロスをしていて工夫している点:限られている時間でプレーの質と強度を高く保ち、毎練習メニューで成長し続けることを常に考えてます。

– 仕事面

  • 仕事中に呼ばれる名前:おばな
  • 現在の職業:専門商社
  • 仕事の内容:国内外にものを売る仕事のサポート
  • 今の仕事を選んだ理由:海外にいけるチャンスが他の業種よりもある
  • 今の仕事の面白さをおしえてください:新しい知識と経験の蓄積ができること
  • 仕事面での目標は?:海外駐在

– ライフ

【1週間のスケジュールを教えてください】
月曜:1日仕事、壁当て
火曜:1日仕事、終わったらジム/壁当て
水曜:1日仕事、終わったらジム/壁当て
木曜:1日仕事、終わったらジム/壁当て
金曜:1日仕事、走る/壁当て
平日は時間見つけて体動かしながらクロスに触るようにしてます。
土日祝日:午前午後どっちか練習、あとは趣味

-ラクロスについて

  • あなたが思うラクロスの魅力は?:競技としては練習すればするだけ上手くなれること。環境としてはラクロスやってるってだけで知らない人との繋がりが持ちやすく、全体の仲間意識が高いこと。
  • ラクロスを始めるとどう成長ができると思う?:発展途上のスポーツだからこそ様々な面でどうすればよりより良くなれるか自分で考えて、周りの人も動かすことに取り組めること
  • あなたにとってラクロスとは?:生活の軸

 

– 応援してくれている人へメッセージ

GRIZZLIESという新しいチームを創設しました。まずは日本一になり、ゆくゆくはNCAA Division1上位校に勝っていけるようなチームになりたいと思っています。個人としてはラクロス界を牽引できる存在となれるよう自分で限界を決めずにとことん突き詰めて日々過ごしていきたいと思います。引き続き頑張りますので今後ともよろしくお願いします。

関連記事