【こぶ平コラム】ラクロスがクライマックスを迎える**特別な年のラクロス見逃すな** クラブ編

皆さん 2021年 特別な年のラクロスクライマっクスを迎えます。今年は、昨年よりも更に、各チームのLive Streamingの機会が増えてますね。全国で各地の試合が見られるようになりました。見てますか?他のスポーツにはないとても良いシステムですから是非、全国のチームに、そしてラクロスファンに見て欲しいと思います。

実際、何が違うの、極論すれば”何故関東がTopで居続けるのか”。関東のTopチームはかなり発信をしてくれています。見ればわかることも多いですよ。ところで、今年はそんな関東優位が変わるかもしれない。大学ラクロスではそのような話も出ています。この数週間で行われた全国大会の様子から、全日本選手権、全日本クラブ選手権、全日本大學選手権の決勝戦を展望してみたい。今回はクラブ編。

【クラブ編】
2年ぶりの全日本クラブ選手権出場チームは
●男子 Stealers(東日本チャンピオン) FALCONS(東日本2位)がシード
西から BARBARIAN LIGHTS(中四国九州1位)、HELP(関西1位)、WOLVES(東海1位)、North AXIS(北海道1位)

●女子 NeO(東日本チャンピオン)、MISTRAL(東日本2位) がシード
西から SIRIUS(中四国九州1位)、NLC SCHERZO(関西1位)、COPER(東海1位)、FUSION(東日本3位)

で、男子は連覇を狙うFALCONSが久々にリーグ戦2位(現行チャンピオンリーグ制では初)となり、クラブ選手権連覇に向けて巻き返しを図る構図となった。そして、初のリーグチャンピオンとなったStealersは、初のクラブ王者に向けて戦ってくことになる。女子は、やはり連覇を狙うNeOに対し、MISTRAL、FUSIONの東日本勢とNLC SCHERZOが挑みえる形と予想された。

そして開幕したクラブ選手権は、東日本勢が強さを発揮し、唯一関西勢でクラブ選手権の優勝経験を持つ女子のNLC SCHERZOも連覇を狙うNeOに対して6対15と2019年の準決勝と比しても差が広がったと言える。この理由に関しては改めて21年総括で述べることになると思うが、根源的ではあるが大学プレーヤーの差以上に、クラブで続ける選手の数が少ない事だと考えている。

大学生の皆さん、特に今年はラクロスに関して不完全燃焼ではありませんか?社会人になってからも日本代表、もしかしたらオリンピックを目指せる数少ないスポーツであり、その楽しさはわかっておられると思います。是非クラブでラクロスを続けることを考えてみてください。

閑話休題
男子の方は、さらに東日本の独壇場で今年も準決勝は大差がついた。ここまでの事で決勝戦をうんぬんするのはあまりにも無理があるが、シーズン当初難問を抱えたFALCONSが新たな進化を遂げている気配がある。決勝戦では逆転の可能性も十分にあると考えている。
そして女子。
今年も準決勝の東日本対決は、死闘ともいえる戦いだった。お互い新戦力を加えながらも10年レベルで戦いあったMISTRALとFUSIONの間で勝敗を決めるのは本当に掴んだ運を絶対に放さないというか、ものにする一瞬の集中力の差に見える。それでも今回MISTRAL対FUSION戦においては、Last1分で5対6と負けていて相手ボールを奪い、又奪われ、奪い返して決めたMISTRALは、その集中力を発揮した。というか、恐らくそこで力を発揮するために、シチュエイショナル トレーニングが徹底されていたのではないかと考えている。
例えば、残り2分で1点勝っている場合、逆に1点負けている場合。又残り5分での状況設定。残り30秒で1点を取るプラン、皆がやるべきことを徹底したのではないかと考えている。それにしても、中々インサイドが固い最近のDFを破ってリーグ戦以上の得点を上げMISTRALを追い詰めたFUSIONも又1段ステップアップした事は間違いない。
そして、女王のNeOについて、リーグ戦時は苦戦を強いられた感もあったが、準決勝にはきっちり次のステップに上げてきた。しかも少なくなった初期メンバーもさらに先を目指す気概を示した感もある。その意味ではやはり女王に近いと言える。(個人的ではあるが、NeO41番さんのショット見たかった!)

☆全日本クラブ選手権 決勝予想 (これも勝手です)

●男子  Stealers vs FALCONS    7対8    StealersとFALCONSのリーグ戦での差は1点と2点そこからの修正力でFALCONSに利がある

●女子  NeO vs MISTRAL      8対7    両チーム攻撃のテンポが上がっている、特にMISTRALの速い仕掛けはブレイクチャンスを作れる
しかし、その精度においてNeOが勝る。試合の総得点が15点以上になるとMISTRALの勝機が高
まる。
クラブチームの皆様、結果に関わらず今後とも宜しくお願いします。

12月5日 全日本クラブ選手権決勝  観客は上限500名です。早い者勝ち。すぐに申し込んでください。
https://peatix.com/group/7717966/events
入れなかった方は、恐らく決勝はLiveStreamingがラクロス協会YouTubeであると思います。熱戦間違いない。見てください。
そして、学生の皆様、さらに面白い、進化したラクロス是非見て、やりたいと思ってください。ラクロスの魅力は4年間ではつかめないよ!

次は Teen’s Lacrosseや大学のサブリーグについて総括します。

やっぱりラクロスって最高!

こぶ平

関連記事