【関東地区クラブ女子ラクロス】クラブ女子王者NeOがFUSIONと引き分け|(地区予選)

2021年7月17日(土)13時より第30回東日本クラブチームラクロスリーグ戦・女子のFUSION vs NeOの試合が開催された。

東日本クラブリーグ5連覇中の王者NeOに対するFUSION。2015年シーズン以降公式戦でNeOに勝利をしていないFUSION。
FUSIONはMISTRALに先日負け越していることもあり、日本一を目指す上でこの試合は絶対に負けられない試合となった。

得点後パフォーマンスをしているFUSION

試合は1Q、FUSIONが1点リードしたものの、2Qで1対1と同点。序盤NeOのシュートが炸裂するが FUSION #21 新町友佳(中央大卒)のセーブがひかり、得点には至らず。3Q終了時には 2-1とロースコアのまま試合は進み、このまま試合はロースコアのまま終わるかと思った最終クオーター。今日は4Qで大きく試合が動いた。FUSIONのDFサイドからの #81 DF 野々垣眞希(2020年慶應義塾卒)の速攻を含むFUSIONの3連続得点により、一時は5-2とFUSIONが3点リードの展開に。ただ女王としての意地があるNeO。試合終了までのの最後の4分で試合は大きく動いた。#17 西村 沙和子(慶應義塾卒)、#12 高野 ひかり(横浜国立卒)#27 水野 果奈(筑波大学卒)のシュートが立て続きに決まり、得点は5-5に。そのまま試合は引き分けで終了した。

FUISONとNeO、両チームにとって痛い引き分けとなった。

2得点度決めた #27 水野 果奈子選手(筑波大学卒)

NeOにとって大事になってくるのはMISTRAL戦となる。
先日FUSIONはMISTRALに9-5で敗れていることもあり、NeOとMISTRALの試合が東日本クラブ女子全体の注目試合となることは間違いない。
MISTRALは2013年ぶりの地区優勝を今年飾れるのか。はたまたNeO、FUSIONが勝ち上がってくのか。

今年の東日本女子クラブの行方が楽しみである。

※MISTRAL対NeOの試合のスケジュールは現在未定

<得点者>

1Q|2Q|3Q|4Q
FUISON 1-0-1-3 = 5
NeO 0-1-0-4 = 5

FUSION
#5 山田美帆
#10 高橋実緒
#19 拔井愛海
#24 細梅志保美
#81 野々垣眞希

NeO
#12 高野 ひかり✖️2
#17 西村 沙和子
#27 水野 果奈子✖️2

<ライブ配信はこちらから>

Photo by Akie Umeda

関連記事