【Player Spotlight】竹村 薫選手|慶應義塾大学

いま注目の選手を紹介するLACROSSE PLUSのPlayer Spotlight!

今年の2017年関東学生MVP選手、そして今年は日本代表としてワールドゲームズにも出場されています! 時にはゲームコントローラーとして、そして大事な時に得点を取ってくれる頼れる慶應のこの選手にSpotlight!

竹村 薫選手|慶應義塾大学


【名前】 竹村 薫(たけむらかおる)
【年齢】22歳
【出身地】神奈川県
【プレー中に呼ばれる名前】かおる
【ラクロス歴】10年
【ラクロスでの受賞/選抜歴】
2014年関東選抜
2016年日本代表
2017年日本代表(WG出場)
2017年関東学生リーグ優勝
2017年関東学生MVP
2017年全日本学生選手権優勝

【ポジション】MD
【所属チーム】慶應義塾大学女子ラクロス部
【所属チームの今期目標】圧倒的勝利で全勝優勝し日本一
【好きな芸能人のタイプと理由】出川哲郎(素で面白いし、体を張っても面白いから)
【趣味】録画した連ドラを見ること、なかなか行けないABCクッキング
【これだけは負けないという特技】絶対音感
【好きな曲・テンションが上がる曲】ありがとうの輪/絢香、A sky Full of Stars/Coldplay
好きな言葉】常に笑顔で日々前進
【好きな食べ物】家のご飯全部/豆腐料理、ハンバーグ、ドライカレー
【使っているラクロスのブランド】ヘッド:Crux-i 、シャフト:COMPOSITE、アイガード:STX、グローブ:UNDERARMOUR

【ラクロスを始めたきっかけ】
小さい頃はピアニストを目指し、殆どの時間を練習に費やしていました。小学5年生の時コンクールで自分の納得のいく結果を出すことが出来たので、中学では違う事にチャレンジしたいと思いラクロスを始めました!たった1人で黙々と練習する毎日から沢山のチームメイトと練習できるラクロスにいっぺんに心を持っていかれました!

【ラクロスを始める以前に行なっていたスポーツ】運動経験は週1回のスイミング

【これがあるからラクロス好きなんだよなって思うプレー中の瞬間は?】
バシッとシュートが決まった瞬間!
出来なくて悔しくて上手くなくなりたくて、試行錯誤して練習してたら出来なかったことが出来るようになったとき!

【あなたのラクロスにおける目標】
17チームで日本一になること/日本のラクロスを変えること

LACROSSE PLUSの読者へメッセージ


こんにちは!
慶應義塾大学4年の竹村薫です。

全日本選手権決勝を控えてる今の想いを書かせて頂きたいと思います!

私は2014年日本一を目指している”強い慶應”(2012年全学優勝.全日優勝/2013年全学優勝)に憧れて入部しました。
そして2014年FINALで明治大学に敗戦。
2015年FINAL4で日本体育大学に敗戦。
2016年度リーグ戦敗退。
成績は右肩下がり。数々の負けを経験しましました。3年間ひたすら悔しい思いをして、日本一を取ることがどれだけ難しいかも痛いほど経験してきました。

そんな私達、2017年度慶應義塾大学女子ラクロス部は「圧倒的勝利で全勝優勝し日本一」を目標に掲げました。

振り返ってみれば2016年10月の海外遠征で私たちは衝撃を受けました。
USA代表が試合後ひたすら100mダッシュをしている、Marylandの選手達が試合前にTRの元100mダッシュをしている。
「努力に勝る天才なし」という言葉を身を以て感じた瞬間でした。それまでは海外の選手は元々が違うから、育ってきた環境が違うから。と思ってましたが、ここまで努力してるから強いんだ。そう感じました。

海外遠征で感化されたこともあり、
私たちは今年圧倒的運動量を誇るチームになるために毎日のアップで200m×5を取り入れました。他にも様々な形で運動量を増やしてきた今年のチームは4年間過ごした中で一番走ってきたと胸を張って言えます。

そしてやっとやっと、やっとの思いで憧れていた舞台江戸陸で戦う権利を得ることが出来ました。
この舞台には色んな想いが詰まっています。

「このチームで日本一を取る」という強い想いを持って過ごして来た101人の部員の想い。

ベンチメンバーとして自分がフィールドに立つ時、絶対自分がやってやるという決意を持っている選手たち。

スタンドで声が尽きるまで力強くフィールドの選手の背中を押して共に戦ってきたチームの仲間。

スタッフとしてこのチームを日本一にするという決意を持ってチームを支えてくれているスタッフ陣。

ひたすら熱い想いで私たちに向き合ってくれるコーチ陣。

沢山悔しい思いもしたし、怒られたこともあったけど、いろんな事が詰まった時間を共に過ごして成長させてくれた愛してやまない先輩たち。

手に汗を握る思いで応援してくれる家族。

12月17日の全日本選手権はこんな沢山の想いが全て現れる試合になります。そしてフィールドに立つ12人は慶應の代表として勇気と「肉を切らせて骨を断つ」覚悟を持って戦いに臨みます。

そんな17チーム慶應の全てに注目して貰いたいです!

泣いても笑ってもラスト1試合。最高に楽しんで超攻撃型ラクロスして最高の1日にします。

応援宜しくお願い致します!!

過去Player Spotlightで紹介した選手一覧

1)FUSION|寺西 志保美選手
2)FALCONS|松下 立選手
3)神戸大学|権藤 眞美選手
4)岩本 海介選手|Stealers, MLL
5)陳野 クリス選手|ADVANCE-HANGLOOSE
6)杉原 暉徳選手|ADVANCE-HANGLOOSE
7)篠原貴彦選手|VALENTIA LACROSSE CLUB
8)堂本 浩紀選手|VALENTIA LACROSSE CLUB
9)坂野 紗弥子選手|MISTRAL
10)内野麻子選手|FUSION
11)松本理沙選手|MISTRAL
12)福嶋優衣選手|北海道教育大学
13)平石真也選手|北海道大学
14)小西那奈選手|NeO
15)杉本美歩選手|FUSION
16)上野 里美選手|東北大学
17)中野佑香選手|CACTUS
18)奥村祐哉選手|南山大学
19)今井美波選手|南山大学
20)大田 奨選手|名古屋大学
21)北原 咲選手|ORCADEA
22)森 秀太選手|東北大学
23)加藤佑奈選手|ORCADEA
24)花井 香織選手|ORCADEA
25)百田 茂実選手|九州大学
26)佐伯 映美鈴選手|岡山大学
27)下瀬 優作選手|岡山大学
28)藤原 郁美選手|北海道大学
29)飯豊 広奈選手|慶應義塾大学
30)田中 伶果選手|福岡大学
31)松平 悠希選手|慶應義塾大学
32)梶田 ひかり選手|明治大学
33)小林 潤選手|Stealers
34)川浪直樹選手|Alley Cats Lacrosse
35)竹本 萌優選手|同志社大学
36)岡田大輔選手|大阪大学
37)三浦 壮選手|大阪大学
38)岩田 麻衣子選手|FUSION
39)井上裕理選手|NeO
40)鈴木 伸吾選手|Stealers
41)高野ひかり選手|NeO
42)池川 健選手|Stealers
次回のPlayer Spotlightもお楽しみに!

The following two tabs change content below.
LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

LACROSSE PLUS ーラクロスプラスー

編集長LACROSSE PLUS
設立:2016年8月|ミッション:ラクロスに関わる人に有益な情報を届け続ける|ビジョン:ラクロスの人ってかっこいい|編集長:小野寺ひより

関連記事

  1. 【東京大学】DAY6 ー現地レポート ワシントンD.C観光ー

  2. 【海外遠征】東京大学女子ラクロス部|レポート(前半)

  3. 【Player Spotlight】出原 佳代子選手|慶應義塾大学

  4. 【Staff Spotlight】山口 千絵さん|東京大学(女子ラクロス)

  5. 【こぶ平コラム】大学ラクロスの進化

  6. 【2018年全日本選手権大会】結果・スケジュール一覧

  7. 【Player Spotlight】田中 洋選手|SugarRays

  8. 【東京大学】DAY4 vs McDaniel College

  9. 【関西Bリーグ|男子ラクロス】Bリーグの成り立ち・歴史

  10. 【女子ラクロス】アップの際のパスキャッチメニューの紹介

  11. 【Player Spotlight】坂野 紗弥子選手|MISTRAL

  12. 【こぶ平レポート】クライマックスシリーズ20|全日本大学選手権(男子)結果考察

LACROSSE PLUS DB

ラクロスチーム情報やラクロスの試合の情報等はこちらから↓

人気の記事

Twitter でフォロー