中高ラクロス事情

【ニュース】ラクプラにて高校ラクロス事情のコラム発信が決定【日本の高校のラクロス事情】

LACROSSE PLUSーラクプラーではこれから全25ラクロッサー or ラクロス団体の情報発信プラットフォームとなり、2021年7月から12月まで毎月1本 or 2カ月に1本の各ラクロッサーや団体よりコラムや情報発信を公開していくことなりました。

今回はコラム発信者の 内野昌憲さん をご紹介します!


ー プロフィール
【名前】 内野昌憲
【出身地】 神奈川県横浜市
【過去スポーツ歴】 陸上 ハンドボール
【資格】 B級指導者 3級審判員
【現在のラクロス活動】 関東中高ラクロス連盟理事/国際基督教大学育成コーチ/スポーツメンタルコーチ(個人、チーム)

< ラクロス歴 >
【プレーヤー歴】東京理科大学(2000~2003)、DESAFIO(2004~2006)、VALENTIA(2007~2009)、BIGRED(2010)、RAGGAMUFFINS(2011,2012,2019)、STEALERS(2016~2018)、STEALERS CLASSIC(2020~2021)
【コーチ歴】トキワ松学園(2006~2008)、東京農大女子(2009~2010)、 岩倉高校(2012~2013)、桐蔭学園(2014~2020)
U15関東選抜 U18関東選抜
【ラクロス選抜歴】00関東ユース
【ラクロス受賞歴】03 2部関東BEST10、全日本選手権 優勝2回 準優勝2回 3位3回

ラクロス界の読者へメッセージ

いつの間にか、ラクロスに関わり始めてから20年以上が経ちました。ラクロスに関わる中で、選手としての活動の中で自分自身の人生観が変わりました。それは大学3年生の時に、アメリカのクラブチームに1人でラクロスをしに行った時のことでした。その時の感動や興奮は今でも鮮明に覚えています。その時に、一緒にラクロスや生活を共にしたプロ選手のラクロスに対しての想いや人との関わり方を見て、いつか自分自身もラクロスというスポーツに恩返ししたいと考えていました。指導者となった今は、選手の可能性は無限大で、ラクロスのスキル以外でもメンタルやコミュニケーションに大きな伸びしろがあると感じ、スポーツメンタルコーチの勉強をしています。
現在、中高生のラクロスは素晴らしい活動を各学校の工夫でされていますが、なかなか認知されていない状況だと思います。このコラムを通じて、少しでも多くの方に中高生ラクロスの可能性や取り組みをお伝えできたらと思っています。よろしくお願い致します。

関連記事