• HOME
  • 詳細
  • クラブラクロス
  • 全国版!クラブチームラクロスの強豪チームはどこ!?(2022年最新)|全日本クラブ選手権大会の年代別優勝チーム一覧
ラクロス全日本クラブ選手権2022

全国版!クラブチームラクロスの強豪チームはどこ!?(2022年最新)|全日本クラブ選手権大会の年代別優勝チーム一覧

はじめに..

大学を卒業した社会人が多く所属している日本のラクロスのクラブチーム。日本でのクラブチームラクラクロスは会社が運営する実業団ではなく、任意団体として活動をしています。大学卒業後に自分が入りたいチームを自分で選んで入部することが一般的です。

そんなクラブチームラクロスですが、現在日本のラクロスのクラブチームでは、2つのタイトルを目指すことができます。(※一定条件を満たすことが条件)

1つは『ラクロス全日本選手権大会』(通称全日・ゼンニチ)。全日本クラブ選手権優勝チームと全日本大学選手権優勝チームが戦い、正真正銘の日本一のチームを決める大会となります。
もう1つが、『ラクロス全日本クラブ選手権大会』。(通称全クラ・ゼンクラ)こちらは全国のクラブチームの日本一を決める大会です。地区で選抜されたチームが全国大会に出場し、トーナメント形式で対戦をし、優勝を決めます。

当記事での日本のラクロスのクラブチームのランキングは、この『全日本クラブ選手権』の戦績の過去優勝回数とラクロス界の口コミもって決めていきたいと思います。

男子クラブチームラクロスのホットトピックスは、Stealersが2009年の創部以来初の優勝を果たしたことでしょう。強豪FALCONSが9連覇中で昨年大会で10連覇を目指していた中、決勝では8-6とStealersが2点差をつけての勝利をしました。ただStealersも喜んでばかりいられるわけでもなく、東日本地区リーグで開催されたチャレンジカップにて昨年創部した新興勢力のGRIZZLIES(2部をぶっちぎりで優勝)と対戦をし5-7で負けこしています。GRIZZLIESが入れ替え戦で勝利をし、今年は1部に戦いの場を移していることもあり、GRIZZLIESにも注目したいですね。プチトピックスは古豪VALENTIAの活動再開も取り上げたいですね。コロナ禍で部員が減ってしまったことにより一時休部となりましたが、今年から見事復活しました。古豪復活か!?

女子クラブチームのホットトピックスは、やはりNeOでしょう。2013年に創部をしてから4年目以降には女子ラクロス界で首位の座を獲得し、それからNeOが女子クラブチーム界を牽引する存在となっています。女子クラブチームで強豪と言われているのは、関東からNeO、MISTAL、FUSION、関西ではNLC SCHERZOが強豪と言えるでしょう。ただ女子は関東や関西以外にもチームが増えてきているので、今後の他のチームの活躍にも期待大です!

全日本選手権大会の結果はこちら

今回は過去22回、どのクラブチームが日本一になったかまとめてご紹介します。

全日本クラブ選手権結果|男子ラクロスの部

優勝回数ランキング

1位|優勝回数10回|FALCONS
2位|優勝回数8回|VALENTIA
3位|優勝回数2回|DESAFIO
4位|優勝回数1回|ADVANCE(現:ADVANCE-HANGLOOSE)、Stealers

優勝チーム一覧

第22回(2021年) Stealers
2020年:コロナ禍で全日本クラブ選手権大会は未開催
第21回(2019) FALCONS
第20回(2018) FALCONS
第19回(2017) FALCONS
第18回(2016) FALCONS
第17回(2015) FALCONS
第16回(2014) FALCONS
第15回(2013) FALCONS
第14回(2012) FALCONS
第13回(2011) FALCONS
第12回(2010) VALENTIA
第11回(2009) VALENTIA
第10回(2008) FALCONS
第9回(2007) VALENTIA
第8回(2006) VALENTIA
第7回(2005) DESAFIO
第6回(2004) VALENTIA
第5回(2003) DESAFIO
第4回(2002) VALENTIA
第3回(2001) VALENTIA
第2回(2000) VALENTIA
第1回(1999) ADVANCE(現:ADVANCE-HANGLOOSE)

全日本クラブ選手権|女子ラクロスの部

優勝回数ランキング

1位|優勝回数8回|MISTRAL
2位|優勝回数5回|NeO
3位|優勝回数3回|WISTERIAFUSION
5位|優勝回数2回|Sibylla
6位|優勝回数1回|NLC SCHERZO

優勝チーム一覧

第22回(2021) NeO
2020年:コロナ禍で全日本クラブ選手権大会は未開催
第21回(2019) NeO
第20回(2018) NeO
第19回(2017) NeO
第18回(2016) NeO
第17回(2015) FUSION
第16回(2014) NLC SCHERZO
第15回(2013) MISTRAL
第14回(2012) MISTRAL
第13回(2011) FUSION
第12回(2010) MISTRAL
第11回(2009) Sibylla
第10回(2008) FUSION
第9回(2007) MISTRAL
第8回(2006) MISTRAL
第7回(2005) MISTRAL
第6回(2004) MISTRAL
第5回(2003) Sibylla
第4回(2002) WISTERIA
第3回(2001) WISTERIA
第2回(2000) MISTRAL
第1回(1999) WISTERIA

【結果参考】ラクロス協会ウェブサイトより

関連記事